名義変更とは?

不動産の所有者が、自分の持っている不動産の所有権を別の人に譲る場合や、不動産の所有者が亡くなって、家族の誰かが新たな所有者となる場合に必要な手続のことです。

不動産の名義変更手続きを知らずに所有者が変わっても、そのままにしている方もたくさんいらっしゃるようですが、しっかりと名義変更の手続きを行う必要があります。
ちなみに、名義変更の手続きは、全国の不動産情報を管理している“法務局”に手続書類を提出して行います。

なお、名義変更は、正確に言えば、「不動産の所有権移転登記申請」と言います。

不動産名義変更は自分ですることも可能です。法務局には無料で登記相談もできます。

ただ、やはり経験のない方が自分でやるのはとても手間も時間がかかりますので、司法書士にお願いすることが一般的です。

PAGE TOP