名義変更する時は?

名義変更を行う場合は、一般的に多く分けて、贈与・相続・財産分与の場合にわかれます。
以下をご参考ください。

相続

相続とは、人が死んだ場合にその人の生前に所有していた財産の全てを残された家族に引き継がせる制度のことです。
財産に不動産が含まれる場合は、名義変更をする必要があります。
なお、財産を引き継ぐ権利を持つ家族のことを「相続人」と呼びます。

贈与

自分の不動産を無償で、つまりは“タダ”で譲ることを不動産の“贈与”といいます。
贈与の例としては、親が子供へ贈与することが多いです。
なお、贈与には非常に高率な税金(贈与税)が課せられますが、特例を受けることでまったく税金がかからない場合があります。(詳しくは、名義変更のコツを参照。)

財産分与

夫婦が離婚した場合に、結婚生活で共同で作り上げた財産を夫婦で話し合って分配する制度のことです。
分配しようとする財産が不動産の場合は、名義変更をする必要があります。
なお、贈与と違い、「分配を受ける側」ではなく、「分配をする側」に税金(譲渡所得税)がかかります。
(税金の特例に関しては、名義変更のコツを参照

PAGE TOP