名義変更のコツ

名義変更をする上で、誰しもが気になるのが費用のことでしょう。
特に税金は多額になる場合がありますので、事前に確認をしておきたいものです。
以下に、名義変更に関係する「税金がかからずに済む名義変更のコツ」を紹介します。

相続の場合

相続した場合に課せられる税金を相続税といいます。相続税の控除額は下記のとおりです。サラリーマンのご家庭では、まず課税されることは少ないかと思います。

  • 基礎控除5,000万円+相続人一人につき1,000万円

贈与の場合

一般的に、贈与をする場合、贈与税という税金がもらう側に課せられます。
年間110万円の基礎控除がありますが、それを超えると高い税率の贈与税が課せられます。
贈与税を低く抑えるためのコツを以下に紹介いたします。

毎年110万円ずつ持分を贈与する方法

基礎控除があるため、税金がかかりません。

夫婦間で贈与する方法

下記の要件を満たす場合は2,110万円までが非課税になります。

  • 結婚してから20年以上経過している夫婦であること
  • 「居住用不動産」の贈与であること

相続時精算課税制度を使って贈与する方法

下記の条件を満たしている場合は2,500万円までが非課税になります。

  • 贈与する側が65歳以上の親であること
  • 贈与を受ける側が20歳以上の子供であること

 

*相続時精算課税制度とは
親から贈与を受けた際は2,500万円まで非課税。ただし、親が死亡し、相続をした場合、贈与財産と相続財産に対して相続税の負担がかかる制度です。
税金の免除がなされるわけではなく、生前贈与時の支払い負担が少なくて済む制度です。

*財産分与
財産分与では、配分する側に譲渡所得税と住民税がかかりますが、「居住用不動産」の財産分与であれば、3,000万円の特別控除があります。

PAGE TOP