団体信用生命保険とは

「団体信用生命保険」とは、不動産の名義人であり住宅ローンの債務者でもある人が死亡又は高度障害状態になった場合、保険金でローンの残額が返済される仕組みです。つまりは、保険金によって住宅ローンがチャラになるわけです。
現在、多くの金融機関から住宅ローンの貸付を受ける場合、団体信用生命保険に加入しなければなりません。

なぜなら、住宅ローンを貸し付けた金融機関は団体信用生命保険の保険金で一括して住宅ローンを回収することができるからです。しかも保険料は名義人側が支払ってくれるのですから、金融機関はノーリスクで住宅ローンを貸し付けることができるわけです。

団体信用生命保険に加入しなくても住宅ローンを貸し付けてくれる金融機関もありますが、この世の中「一寸先は闇」ですので、団体信用生命保険に加入しておく方が名義人となる方にとっても絶対に良いと思います。

悲しいできごとですが、故人の債務である住宅ローンがなくなりますので、残された方たちは名義変更をおこない、返済の必要もなくなり、残してもらった家に引き続き住むことができるので。

PAGE TOP