不動産登記とは

土地・建物の名義変更手続きについて解説します。

土地・建物(=不動産)の名義変更は、その不動産の所在地を管轄する法務局に申請書を提出して行います。この手続きを不動産登記申請といいます。
不動産登記とは、私達の財産である不動産(土地と建物)の面積や所在、所有者の住所・氏名を不動産登記簿(公的な帳簿)に記載することをいいます。
不動産登記簿は一般公開されており、不動産の現況や権利関係等が誰にでもわかるようになっています。不動産登記簿は取引の安全と円滑をはかる役割をしています。

不動産登記簿には、土地登記簿と建物登記簿があり、土地・建物ともに表題部・甲区・乙区があります。
表題部は、不動産の現状を公示するもので、土地については所在・地番・地目(土地の現況)・地積(土地の面積)など。建物については所在・地番・家屋番号・種類・構造・床面積などが記載されます。

甲区・乙区は、登記簿の表題部以外に記載される不動産の権利に関する登記のことです。甲区には所有権の保存・移転・差押え等の処分の制限等の所有権に関する項目を記載され、乙区には所有権以外の権利である抵当権、賃借権などの権利が記載されます。

PAGE TOP