不動産(土地・家・住宅)名義変更 > 不動産名義変更の豆知識 > 離婚による財産分与とは

離婚による財産分与

財産分与とは、結婚生活において夫婦が築いた財産を清算することです。財産の名義が一方の配偶者となっていても他方の配偶者の協力があって築いた財産であれば、夫婦の共有財産となります。妻が専業主婦であった場合でも財産分与を発生し、離婚原因がある側からでも財産分与の請求をすることはできます。

夫婦は結婚生活をしている間、互いに協力し合って財産を形成しますが、多くの場合に夫名義の財産になっています。しかし、夫名義の財産とされるものでも、実質的には妻の協力や貢献によって形成維持されている場合がほとんどです。離婚の際には、その貢献の割合に応じて財産分与が行われます。

実際には、財産分与の支払額は、慰謝料と合算する場合が多く、家庭裁判所の統計も合算しております。

ちなみに、普通のサラリーマンの場合は、財産分与と慰謝料を合わせて200万から500万円が典型的な金額のようです。

PAGE TOP