不動産(土地・家・住宅)名義変更 > 不動産名義変更の豆知識 > 離婚で財産分与の対象となる財産

離婚で財産分与の対象となる財産

婚姻中に夫婦が築き上げた財産は、以下の3つに分類されます。

ちなみに、財産分与の対象となる財産は「共有財産」「実質的共有財産」であり、「特有財産」は財産分与の対象ではありません。

共有財産

共同生活における家財道具等の生活必需品は共有財産にあたります。夫婦のどちらの所有か明確でない場合も共有財産にみなされます。マイホームなどの場合は、入手の経緯やローン支払いに対する協力等を考慮して特有財産とされる場合も共有財産になる場合もあります。

実質的共有財産

夫婦一方の名義になっていても、実質的には夫婦の共有とみなされる財産のことをいいます。夫婦で協力して購入したマイホームや有価証券(株式や国債)、協力して貯めた貯金等があたります。夫の退職金も既にもらっている場合や、近い将来にもらう場合は実質的共有財産として財産分与の対象になります。

特有財産

婚姻前から所持していた財産や、夫婦の一方が相続や贈与で得た財産は特有財産と呼び、財産分与の対象にはなりません。しかし、特有財産であってもその財産の維持に貢献したり、その財産の増加に貢献した場合は、分与の際に寄与度を考慮することになります。


PAGE TOP