不動産(土地・家・住宅)名義変更 > 不動産名義変更の豆知識 > 土地・建物の名義変更の必要書類

土地・建物の名義変更の必要書類

土地・建物の名義変更の必要書類は、名義変更の内容によって異なります。以下では、主な必要書類について説明致します。

1.記原因証明情報

土地・建物について名義変更をする状況が起こったことを登記所に対して証明するために作成し、登記申請の際に添付される書類。その書面の内容は名義変更の内容によって以下のとおりになります。

原因 記原因証明情報として必要な書類
売買 売買契約書
贈与 贈与証書
財産分与 財産分与協議書
相続  戸籍謄本や遺産分割協議書、遺言書

特に相続の場合、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を添付し、相続関係を証明する必要があったり、法定相続と異なる配分で遺産分割する場合は遺産分割協議書を添付する必要がある等、登記原因証明情報は多岐に亘ります。

2.登記済権利証書(登記識別情報)

土地・建物の所有者が間違いなく名義変更に同意している事を証明するため、登記申請の際に添付される書類。一般的な言葉で「権利書」と呼ばれているものです。又、登記原因が「相続」や「会社合併」等の場合は、添付は不要です。

3.印鑑証明書

土地・建物の所有者が間違いなく名義変更に同意している事を証明するため、登記申請の際に添付される書類。土地・建物の現所有者の印鑑証明書の添付が必要になり、新たに所有者になる人の印鑑証明書は不要です。発行後3ヶ月以内という期限があり、又、登記原因が「相続」や「会社合併」等の場合は、添付は不要です。

4.住民票

土地・建物の新たな所有者が間違いなく存在している事を確認するため、登記申請の際に添付される書類。印鑑証明書とは逆に、新たに所有者になる人の分だけを添付する必要があります。

5.固定資産税評価証明書

固定資産税評価額に対して法定の税率を掛けたものが、登記申請の際に納付する収入印紙代(登録免許税)になります。そのため、固定資産税評価額を証するために登記申請の際に添付します。



PAGE TOP